【タンパ(米フロリダ州)共同】米大リーグは21日、各地でキャンプが行われ、ヤンキースの田中はフロリダ州タンパで打者延べ11人に対し、安打性の当たりは柵越え1本を含む3本で4三振の内容だった。オープン戦初登板は26日(日本時間27日)のナショナルズ戦に決まった。

 レッズの秋山とエンゼルスの大谷翔平(花巻東高)は投手を相手に打撃練習。レイズの筒香は三塁の守備練習にも励んだ。カブスのダルビッシュは打者を打席に立たせるなどし35球。ツインズの前田、マリナーズの菊池雄星(花巻東高)と平野は軽めに汗を流した。

 【本紙特派員・斎藤 孟】今季のメジャー取材初日の21日。エンゼルスの大谷翔平はリラックスした笑顔が印象的だった。

 オープン戦を控え、ヒーニー、スアレス、ピーターズの左腕3人と対戦。計4打席で安打性の当たりは1本だった。スアレスとの第2打席では、フルカウントからのチェンジアップを打ち損じた。よほど悔しかったのか「あー」と声が漏れた。