葛巻町の地域おこし協力隊員でパティシエの酒寄(さかより)優樹さん(27)は、同町の特産品であるヤマブドウを活用した新たなスイーツを開発した。ヤマブドウ独特の酸味を残しながら、クリームの甘みを楽しめる豊かな味わいに仕上げた。22、23の両日に滝沢市で開かれる「いわてS-1スイーツフェア2020」で自慢の味をPRし、地域の魅力発信につなげる。

 新商品は「山ぶどうショートケーキ」(350円)、「山ぶどうシュー」(200円)、「山ぶどうロールケーキ」(価格未定)の3品。同町葛巻のふれあい宿舎グリーンテージで販売している。