八幡平市の蔵元わしの尾(工藤朋社長)の酒と、漆器や陶磁器などの器を楽しむイベント「酒と肴(さかな)の器 百選百様」は21日、同社母屋で始まった。県内外の工芸作家の力作と、同社が丹精込めて仕上げた日本酒を楽しめる。23日まで。

 実行委主催。県内外の七つの工房や個人作家が展示販売しており、初日から来場者が趣ある杯やわん、皿などお気に入りの品をじっくりと見定めた。