ロッテのドラフト1位新人、佐々木朗希(大船渡高)が2日ぶりにブルペンに入り、捕手の田村が立った状態で約40球を投げた。「前よりもすごくいい球が行っていて、割合も多くなっている」と手応えを語った。

 一方で、吉井投手コーチは「今日は悪かった。ウエートトレーニングのレベルが上がって、疲れているんだと思う」と指摘。本人が好感触を口にしていたことについては「負け惜しみじゃないですか。投手ってそういうものなので」と笑っていた。