米大リーグは21日(日本時間22日)にロイヤルズ―レンジャーズの1試合でオープン戦が始まる。日本選手の所属球団は22日(同23日)に初戦を迎える。大谷翔平(花巻東高)が所属するエンゼルスは2チームに分かれ、アリゾナ州テンピでロイヤルズ戦、同州グレンデールでホワイトソックス戦に臨む。大谷は初戦出場に意欲を示している。

 大谷が一昨年の右肘手術から5月中旬の復帰を目指す投手としての調整のペースを上げてきた。アリゾナ州テンピでバッテリー組としてキャンプインしてから1週間が経過した19日、キャッチボールは100球を超え、平地ながら捕手役を座らせる場面もあった。

 最長40メートルでカーブを交えた。力の入った球はそれほど多くなかったが、合間に映像を確認するなどフォーム固めに余念がなかった。その後はネットスローを繰り返し「客観的に見ているものと主観がちょっと違ったりする」と説明した。

(テンピ共同=松下裕一)