盛岡市紺屋町の盛岡市民福祉バンク(佐藤晴久理事長)は19日、福祉バンク大市を同市内丸の県民会館で始めた。市内外から寄付された衣類や書籍、雑貨など約7万点を格安で販売している。24日まで。

 掘り出し物を求める多くの来場者でにぎわい、レジに長い列ができた。売り上げは商品の洗浄や検品、大市での接客で働く障害者の工賃に充てられる。日替わりの均一セールや、自転車、ブランド衣料の限定販売なども企画。会場内には持参品コーナーも設け、各家庭からの衣類や雑貨などの寄付を受け付けている。

 午前10時~午後5時まで(最終日は同3時まで)。