【グッドイヤー(米アリゾナ州)共同】米大リーグは18日、各地でキャンプが行われ、エンゼルスの大谷翔平(花巻東高)はフリー打撃に登板した同僚投手の打席で目を慣らし、走塁にも取り組んだ。

 大谷は朝から大忙しだった。球団恒例の写真撮影を終えると、野手組に入って練習開始。一塁までの走塁やフリー打撃で24スイングをした後は、打撃投手役を務めた新加入の先発右腕タランらの打席へ。27球で一度もバットを振らなかったが、久しぶりに生きた球で目を慣らした。