県オリンピック・パラリンピック推進室は、2020年東京五輪・パラリンピックの聖火リレーに先立ち、東日本大震災の被災地で聖火を巡回・展示するイベント「復興の火」として3月22日に運行する特別列車に乗る家族を募集している。29日まで。

 応募できるのは県内在住の小学生と保護者の2人一組。列車は宮古駅発の三陸鉄道と、釜石駅発のJR東日本のSL銀河で各10組20人。参加者は車内で聖火と記念撮影したり、立ち寄った駅で行うセレモニーに参加できる。記念品として大会公式グッズを贈る。

 参加無料。メールで申し込む。件名は「復興の火特別列車応募」とし、参加者の氏名、振り仮名、性別、年齢(小学生のみ生年月日)、続柄と住所、電話番号、メールアドレス、希望の列車名を記入して(AK0005@pref.iwate.jp)へ送る。問い合わせは同推進室(019・629・6496)へ。