新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の国内での感染拡大を受け、県は18日、対策本部(本部長・達増知事)を設置する。県内で発生は確認されていないが、感染経路が不明な国内感染が相次いでおり、備えを強める。

 これまでの県の対応は保健福祉部が中心だったが、知事をトップとする全庁態勢に強化。同日に初会合を開き、現在の状況や今後の対応方針を確認する。

 県は感染拡大を防ぐため、感染が疑われる人は直接医療機関を受診せず、各保健所と県庁に設けた相談センターに電話するよう呼び掛けている。電話が難しい人のため、県庁医療政策室はファクス(019・626・0837)での相談の受け付けも始めた。