洋野町大野で昔の日本酒を復活させる「南部藩・復活酒プロジェクト」が立ち上がった。幕末から戦中まで酒造りをしていた布施かおり代表(56)の実家で見つかった製造法を基に、二戸市の酒造会社南部美人が今秋に仕込み、2021年春の販売を予定。現存する酒蔵から当時の酵母菌の採取も計画し、関係者は味わいの再現を目指して腕をまくる。

 布施代表の実家、西大野商店は創業242年の老舗で、少なくとも幕末の1864(元治元)年から1942(昭和17)年ごろまで酒造りをしていた。

 酒名は西大野商店で製造、販売されていた酒と同じ「国光正宗」。ラベルも当時のデザインをそのまま使う。販売は南部美人が行い、3千円前後を想定。当時の酒に近づけようと酒米は青森県十和田市で無農薬栽培している農家の協力を得て今春から米作りに取り組み、720ミリリットル瓶で約千本の販売を目指す。