マリナーズの菊池雄星(花巻東高)は平野と組むキャッチボールが大いに参考になっている。直球とフォークボールを主体とする平野に「こちらではフォークボールでカウントを取るピッチャーは少ない。受けているとよく分かりますが、あり得ない落ち方をする」と驚きを隠さない。

 自身はチェンジアップで「ボールを挟む」と言うだけに、メジャー2年目の飛躍のヒントにしたいところだ。

(ピオリア共同)