16日の県内は、低気圧の影響で昼前から雨や雪が降った。日中は気温が上がらず、県北の高速道ではスリップ事故と雪のため、区間通行止めが相次いだ。風も強まり、鉄道のダイヤが乱れた。

 県警高速隊によると、県北の高速道では同日午後6時半までに少なくとも9件の物損事故が発生。東北道松尾八幡平-安代間、八戸道安代ジャンクション-浄法寺間が車両撤去や路面凍結、雪などのため、一時通行止めとなった。

 盛岡地方気象台によると、17日は低気圧の影響で曇り、内陸は雨や雪の所もある見込み。18日は内陸で曇り一時雪となりそうだ。