任期満了に伴う金ケ崎町議選は16日、投票が行われ、同町西根の街地区体育館で即日開票の結果、元職1人と新人4人を含む16人が当選した。

 定数16に対して現職12人、元職1人、新人5人の計18人が立候補。11日の告示以降、舌戦を繰り広げてきた。当選者の内訳は男性13人、女性3人。党派別は公明、共産、幸福実現各1人のほかは無所属。幸福実現の新人がトップ当選した。

 当日の有権者数は1万2950人(男6541人、女6409人)。

 投票率は67・77%(男66・53%、女69・03%)で、過去最低だった前回2016年の70・74%を2・97ポイント下回った。

 投票者総数は8776人。有効投票は8685票、無効は91票だった。