2020.02.17

原発処理水 地元との対話を十分に

 東京電力福島第1原発で増え続ける処理水の処分方法について、政府小委員会は「海洋や大気への放出」が現実的だとする報告書をまとめ公表した。その中でも海洋放出に関しては技術面から「より確実に処分できる」と利点を強調しており、この方法が有力視される。

◇    ◇

 電子新聞「岩手日報デジタル版」のサービス開始に伴い、論説と風土計の無料公開は終了しました。岩手日報本紙と電子新聞の定期購読は、下記のページから申し込みができます。今後もご愛読をお願いします。

 

 定期購読申し込み・ご案内

 岩手日報本紙  電子新聞