【ダンイーデン(米フロリダ州)共同】米大リーグは13日、各地でキャンプが行われ、エンゼルスの大谷翔平(花巻東高)は昨年9月の左膝手術後初めて屋外でフリー打撃を行った。

 左膝にメスを入れてからちょうど5カ月となる13日。大谷がアリゾナ州テンピで屋外でのフリー打撃を再開した。

 背番号17の赤いユニホーム姿でマイナー施設の打席に立ち、25スイングで5本の柵越え。飛距離は相変わらず同僚選手を上回り「打感もそんなに悪くなかったし、初めてにしては良かった」と好感触を口に。「体は問題なく良かった」と膝の回復も強調した。