宮古市は2020年度から市奨学金貸付制度を大幅に拡充し、高校や大学などへの進学希望者を支援する。同市は東日本大震災や16年の台風10号、19年の台風19号で被災した世帯が多く、学生たちが経済的な理由などで進学を諦めることがないよう内容を充実させた。

 月々の支給額の上限を上げ、新たに入学一時金も支給。月の上限額16万円の特別奨学生枠も新設した。無利子返済だが、卒業後に同市に戻って働く対象者は返済を免除し、若者の定住対策も兼ねる。