2020.02.12

中小企業の強靱化 BCPの策定を進めよ

 新型コロナウイルスの感染拡大による国内の観光や製造業への打撃は、企業活動が常にさまざまなリスクと隣り合わせであることを裏付ける。主に自然災害リスクを念頭とした対策に事業継続計画(BCP)の策定があるが、大企業と比べ中小企業の動きは鈍い。頻発、激甚化する近年の災害を踏まえ、経営者は規模や業種を問わず、策定の優先度を引き上げるべきだ。

◇    ◇

 電子新聞「岩手日報デジタル版」のサービス開始に伴い、論説と風土計の無料公開は終了しました。岩手日報本紙と電子新聞の定期購読は、下記のページから申し込みができます。今後もご愛読をお願いします。

 

 定期購読申し込み・ご案内

 岩手日報本紙  電子新聞