2020.02.11

伊藤、2度目V ボルダリング・ジャパン杯女子

女子で3年ぶり2度目の優勝を飾った伊藤ふたば(TEAM au)=東京・駒沢屋内球技場
女子で3年ぶり2度目の優勝を飾った伊藤ふたば(TEAM au)=東京・駒沢屋内球技場

 【東京支社】スポーツクライミングのボルダリング・ジャパンカップは9日、東京・駒沢屋内球技場で準決勝と決勝が行われ、女子は17歳の伊藤ふたば(TEAM au、盛岡中央高2年)が最年少優勝を飾った2017年以来、2度目の日本一を果たした。

一問一答 「精神的な成長感じた」

 3年ぶりに女王に返り咲いた伊藤ふたばは精神面の成長を実感しながら今大会を総括した。

 -試合を振り返って。

 「(決勝は)2課題目を完登できなかったが、できなかった課題とは思わない。気持ちを切り替えて臨めたことなど精神的な成長を感じた」

 -試合中は笑顔が多かった。

 「タイトルを気にしすぎると緊張して楽しめない。勝ち負けより最高のパフォーマンスを出せたらいいなと思って課題に向き合っている」

関連リンク