久慈、洋野、野田、普代の4市町村が久慈市夏井町の三陸道久慈北IC付近に開設する「広域道の駅」について、4市町村長でつくる久慈広域行政研究会(会長・遠藤譲一久慈市長)は10日、計画の概要を示した。建物は南部曲がり屋風のL字形に鉄骨造り一部木造平屋。2021年秋ごろ着工、23年4月開業を目指す。

 4市町村長が久慈市役所で開かれた会合に出席し、整備スケジュールなどを確認。施設建設と管理運営を担う民間事業者と連携し、久慈広域の魅力を発信するランドマークとして整備を進める。