野田村野田の久慈工高(日当仁己校長、生徒111人)の生徒3人は1月30日、村産スギで手作りした本塁打記録板を村に寄贈した。同村野田のライジングサンスタジアムに設置する。

 同球場には50本まで記録できる本塁打記録板があったが、村の依頼で125号まで記録できる記録板を製作した。生徒はこれまでにベンチやテーブルなども贈っており、小田祐士村長は「村のあちこちに生徒の手作り品があり、活性化につながる」と感謝している。