2020.12.09

「鬼滅」効果?うろこ滝に注目 二戸・浄法寺、SNSで話題

「鬼滅の刃」ファンの間で人気を集めている「うろこ滝」=二戸市浄法寺町
「鬼滅の刃」ファンの間で人気を集めている「うろこ滝」=二戸市浄法寺町

 吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんの人気漫画「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」に登場する鱗滝左近次(うろこだき・さこんじ)と同じ名前で、二戸市浄法寺町にある「うろこ滝」が、会員制交流サイト(SNS)などで話題になり、じわじわと人気を集めている。作中で呼吸法と合わせて繰り出す剣技の名に「漆」の文字が入っている縁もあり、浄法寺が「鬼滅スポット」と認知される日も近い?

 鱗滝は、主人公竈門炭治郎(かまど・たんじろう)の剣術の師匠。常にてんぐの面をかぶり「判断が遅い」などのせりふが印象深い。その名にちなみ、浄法寺町のうろこ滝もSNS上などで盛り上がっている。

 うろこ滝は落差約7メートル。自然の岩肌を流れる湧き水が魚のうろこ状に見えることから、昔からそう呼ばれ親しまれている。山あいにあり、水の流れる音も心地よい癒やしの名所だ。

 市情報管理室によると、11月ごろからSNS上で盛り上がりを見せ始めた。「鬼滅の聖地になるといいですね」などと写真付きで投稿されているという。

関連リンク