2020.12.09

笑顔彩る聖夜心待ち 花巻でポインセチア出荷ピーク

クリスマスに向け出荷作業が大詰めのポインセチア=8日、花巻市高木、岩手園芸
クリスマスに向け出荷作業が大詰めのポインセチア=8日、花巻市高木、岩手園芸

 花巻市高木の岩手園芸(佐藤巧社長)では、クリスマスを彩るポインセチアの出荷作業が大詰めを迎えている。

 18度ほどに保たれた温室でミラレッド、プリンセチア、ジングルベルなど約20種を栽培。8日は従業員が枯れ葉を取り除き、袋や箱に入れるなど作業に追われた。

 花びらのような苞葉(ほうよう)を開き、赤やピンクなど品種によって色はさまざま。10月中旬に出荷を始め、3万鉢生産したポインセチアは残り千鉢となった。出荷は今週いっぱいで終え、県内外のスーパーやホームセンターなどで販売される。