県北唯一だった高等教育機関の証しを残したい-。2005年に閉校した久慈市の旧アレン国際短大の同窓生が、跡地の久慈幼稚園敷地内に記念碑を建立した。

 創設者で名誉市民のタマシン・アレンさん(1890~1976年)の開学の辞「魂を育て 精神を鍛える」を刻んだ。今年は出身地の米フランクリン市と久慈市の姉妹都市締結60年の節目でもあり、当地に生涯をささげたアレンさんの功績を振り返る契機となりそうだ。