探査機「はやぶさ2」から投下されたカプセル回収に成功した6日、県内も祝福ムードに包まれた。住民は研究者らへのねぎらいのメッセージを記し、落下するカプセルの撮影に挑んだ天文ファンも。人類の夢が詰まったカプセルの中身にも熱視線が送られている。

 「おかえりなさい」「お疲れさま」。奥州市水沢の奥州宇宙遊学館は、はやぶさ2や研究者へ、地元住民らが書いたメッセージを飾っている。25日まで来館者から募り、宇宙航空研究開発機構(JAXA)に届ける。記入した同市江刺梁川の会社員小田島聡さん(29)は「研究者の素晴らしい技術力を改めて感じた」とかみしめた。