二戸市商工会(生内雄二会長)は来年3月22日まで、市内の飲食店を巡った人に抽選で地場産品を贈る「にのへ呑喰(のみくい)スタンプラリー」を開催している。新型コロナウイルス感染症の影響で売り上げが落ち込む飲食店を応援する。

 3回目の今年は、これまで含まれていなかったスナックやバーも含め70店舗が参加。異なる8店舗分のスタンプを集め、5コースの中から選んで応募すると、抽選で千人に地場産品1500円相当が贈られる。締め切りは1月22日と3月22日で、それぞれ応募は1人1回限り。

 問い合わせは同商工会(0195・23・4361)へ。