県と県文化財愛護協会(中村英俊会長)は5日、盛岡市内丸の県民会館で、本年度の県民俗芸能フェスティバルを開き、県内外の郷土芸能団体が多彩な演舞を披露した。

 盛岡や一関、大槌など6市町の6団体が舞台に立った。水沢農高民族舞踊部がビデオで、東京都豊島区の長崎獅子舞は生中継で、それぞれ出演。来場者の検温や消毒など新型コロナウイルス感染症対策を講じて実施した。