遠野市宮守町の畜舎敷地内で4日朝、牛の飼料タンクにクマが入り込む騒動があった。実害はなく、地元の猟友会が捕獲した。

 市農林課などによると、クマは推定7歳の雌で、体長110センチ、体重約70キロ。午前6時ごろ、所有者の同町の畜産業河野隆さん(83)がタンクから出られなくなっているのを発見。高さ数メートルのタンク上部のふたが開けられていた。

 河野さんは近くの遠野署宮守駐在所に連絡し、同署員や市職員ら約10人が駆け付けた。発見から約4時間半後に捕獲した。