釜石市野田町 茶道表千家成和会副会長 互野(たがいの) 千代子さん(85)

 釜石市の福祉事業に役立ててもらおうと、所属する茶道団体を代表して5万円を市に届けた。1989年から続けている寄付は今回で32回目で、総額は200万円に達した。震災の年も含めて毎年開催してきた福祉茶会は新型コロナウイルスの影響で中止となったが、会員から協力を募り、今年も寄付を継続できた。支え合いの気持ちで人の役に立つことは楽しい。