古里の地域医療の力に-。釜石市の眼科医佐渡一成(かずしげ)さん(59)は4日、市中心部の商業施設内に開業する。

 仙台市で眼科医院を営んできたが、釜石の医師不足や地域偏在の解消に少しでも貢献したいと、東日本大震災から10年を前にUターン。

 高齢化が進み、心身に不安を抱える住民も多い被災地で、訪問診療やオンライン診療の在り方も模索し「住民に安心を提供したい」と誓う。