普代村の「本だす会」(金子美枝代表、会員6人)は本年度の読書推進運動協議会(東京都)の全国優良読書グループ表彰を受けた。村内初の読み聞かせボランティア団体として、学校や福祉施設における幅広い活動が評価された。15年間、読書の面白さを伝え続けるメンバーは、今後も村民の心を耕し続ける。

 今回は全国39グループが表彰され、本県では同会が唯一の受賞。金子代表は「スマートフォンですぐに答えが分かってしまう時代だからこそ、自分で考え、思いを巡らす時間が必要。これからも選書などを工夫しながら続けたい」と意欲を新たにする。