30日の県内は強い冬型の気圧配置となり、内陸と沿岸北部を中心に大雪となった。鉄道や空の便に運休や遅れが発生し、交通事故が相次いだ。元日にかけて強い寒気が流れ込み、内陸を中心に大雪となる恐れがあるため、盛岡地方気象台は注意を呼び掛けている。

 30日午後9時までの24時間降雪量の最大値は八幡平・岩手松尾31センチ、一関27センチ、久慈20センチ、盛岡12センチなど。

 同気象台によると、31日から1月1日にかけ、強い寒気が流入する影響で内陸を中心に大雪となる所がある見込み。同日午後6時までの予想48時間降雪量は多い所で山沿い30~50センチ、平野部20~40センチ程度。