県内は30日から強い冬型の気圧配置となり、強い寒気が流入する31日から1月1日にかけて内陸中心に大雪となる恐れがある。農業施設被害や落雪への注意が必要で、今月中旬の大雪で被害を受けた県南部の農家などは警戒を強めている。

 盛岡地方気象台によると、30日は低気圧などの影響で夕方まで雪や雨の所が多くなり、内陸は吹雪となる所もある見込み。同日午後6時までの予想24時間降雪量は内陸の多い所で山沿い40センチ、平野部20センチ程度。

 31日から1月1日には上空5千メートル付近に氷点下36度以下の寒気が流入し、内陸を中心に大雪となる恐れがある。31日午後6時までの予想48時間降雪量は内陸の多い所で山沿い50センチ、平野部30センチ程度。