県緑化推進委員会宮古支部(支部長・山本正徳宮古市長)は、同市産の木材で作った積み木を市内の幼稚園など27施設に贈った。園児は木のぬくもりに親しみながら遊んでいる。

 千徳保育所(清水千春所長)では、園児が贈られた積み木を重ね「良い匂い」「つるつるする」など木の手触りを感じながら遊んだ。