陸前高田市と県は、東日本大震災から10年となる来年3月11日、同市の高田松原津波復興祈念公園で合同追悼式を行う。同市での合同開催は2012年以来、2回目。

 戸羽太市長が2日の市議会一般質問で「今回の3月11日の追悼式は県との共催になる」と述べた。

 市によると追悼式は同公園の屋外で実施。参列する遺族と来賓は50~100人程度を予定する。新型コロナウイルス感染症対策を徹底し、従来より時間を短縮。遺族代表が追悼の言葉を述べ、地震発生時刻の午後2時46分に黙とうをささげる。