県交通(盛岡市、本田一彦会長)は来年4月1日から、盛岡中心市街地循環バス「でんでんむし」の運賃を100円から120円に値上げする。100円玉1枚で乗れる地域の足として2000年から運行しているが、その間の2度の消費増税に加え、新型コロナウイルス禍での利用減も響いた。同社は路線維持へ理解を求める。

 同社によると、4月からの運賃は大人120円、小児・障害者60円(現行50円)。1日フリー券は大人350円(同300円)、小児180円(同150円)に変更する。料金改定は初めて。

 同市在住の70歳以上対象のバス優待券「まちなか・おでかけパス」は引き続き1回の乗車100円で利用できる。