普代村中村の豆腐店「TOFokU(トーフォク)」の店主鬼束拓哉さん(39)は、地元で愛される豆腐田楽の認知度を高めようとインターネット通販に乗り出す。

 来年3月にもクラウドファンディングで募った資金で電子商取引(EC)サイトを立ち上げる。村の新たな特産品となるよう、全国へ素朴なおいしさを届ける。

 宮崎市出身の鬼束さんは2015年に地域おこし協力隊として着任。3年間の任期を終える直前、高齢を理由に閉店しようとしていた豆腐店を18年に事業承継し、素材にこだわった豆腐作りに励んできた。