宮古市日立浜町の浄土ケ浜レストハウスで26、27の両日、年の瀬恒例の新巻きザケ特別販売会が開かれている。浄土ケ浜の海風で仕上げられた逸品を市民や観光客が品定めしている。

 今月中旬からスタッフ総出で作った2~7キロ台の雄サケの新巻き200本がずらりとつり下げられ、市民らが吟味した。

 同レストハウスの新巻きザケは安価で味が良いと評判だったが、昨年はサケの不漁で開催できず、2年ぶり。価格が高騰傾向の中、今年は1キロ1600円、1匹3900~1万2千円に抑え、切り身販売も合わせて行う。