県は24日、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるとして、一関市大町のスナック「ステラ」の店名を公表した。店員の感染が確認されており、18~22日の利用者に一関保健所へ連絡するよう呼び掛けている。

 県によると、30代店員女性が22日に発症、23日にPCR検査でウイルスが検出され、入院した。勤務中にマスクは着用していなかった。18~22日の利用客は40人程度が確認されているが、全員の特定に至っていない。既に3、4人が症状を訴えており、接触者らの検査を進めている。

 県医療政策室の工藤啓一郎室長は「感染経路が全く分からない状況だが、クラスター(感染者集団)になる可能性もある」と説明。「事業者の責任を問う趣旨ではなく、感染症の拡大防止に必要な措置として公表した」と述べた。