岩泉町の岩泉ホールディングス(岩泉HD、山下欽也社長)は、本県ゆかりのアスリートに岩泉ヨーグルトを年間48キロ(3万2千円相当)提供する「スポーツ選手支援事業」を始めた。22日に盛岡市内で選手らへの認定証授与式を行った。

 式にはカヌーの山田茉未(岩手中央農協)、相撲の五十嵐敦(盛岡市役所)、県体協所属競技団体の代表らが出席。認定証を手渡した山下社長は「企業が『うちでもアスリートを応援する』というきっかけになればいい。アスリートは頑張って岩手を元気にする活躍をしてもらいたい」と激励した。

 山田は「毎日食べてかなり体調も良い。良い状態で来シーズンを迎えたい」、五十嵐は「相撲は体をつくるのが大事。栄養を考え食事にも気を使うのでありがたい」と感謝した。