20日の県内は、冬型の気圧配置と寒気の影響で内陸の山沿いを中心に雪が降り、鉄道のダイヤの乱れや交通事故などが相次いだ。盛岡地方気象台によると、降雪のピークは越えたが21日も内陸の山沿いを中心に雪の所がある見込み。雪崩への注意が必要だ。

 20日午後5時までの24時間降雪量の最大値は、西和賀・湯田38センチ、一関17センチ、北上13センチなど。未明から朝に多く降った。同7時現在の積雪は一関・祭畤(まつるべ)152センチ、西和賀・湯田141センチ、一関41センチなど。

 同気象台によると、冬型の気圧配置は22日に緩みそうだ。