宮古市大通 主婦 前川 泰子さん(80)

 東日本大震災で自宅から避難する途中、津波にさらわれた。高い建物に避難した人から「つかまれ」と声を掛けられたが、身動きが取れなかった。夜になって、何とか自宅にたどり着いた。内陸出身だが友人の勧めで泳ぎを習っていたおかげで助かった。自宅近くは震災後から空き家が目立つ。若い人が地元に戻ってきやすくなるような職場ができてほしい。