花巻市の田瀬湖にぎわいプロジェクト(白畑誠一代表)は19日、同市東和町の田瀬湖で今季のワカサギ釣り事業をスタートさせた。愛好者は雪の中、ボートから釣り糸を垂らし、魚信を待った。

 同日は5人が来場。餌にブドウムシや紅サシを使い、使い切りカイロで寒さ対策をして挑戦。15センチの大物を釣り上げた一関市の会社員(35)は「一匹一匹のサイズが大きく釣るのが楽しい」と満足していた。