2020.12.20

県内で2人死亡、5人感染 新型コロナ、20日発表

 岩手県と盛岡市は20日、県内3市町で新たに5人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。うち4人が県内最大の院内クラスター(感染者集団)が発生した医療機関のスタッフ。基礎疾患のある高齢者2人が死亡した。県内の感染確認の累計は335人、死者は18人となった。

 同クラスターの施設名は非公表だが、鶯宿温泉病院(雫石町)の関連。新規感染は盛岡、滝沢、雫石3市町在住の30、50代の男女。

 盛岡市の80代無職女性は過去の感染患者の濃厚接触者として2度目のPCR検査でウイルスが検出された。

◇      ◇

 詳報は、21日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク