滝沢市は、学生向けの独自のインターンシップ(就業体験)の創設に向けて検討を進めている。これまでは短期で無償だったが、今夏、新型コロナウイルスで経済的打撃を受けた学生らを対象に市がアルバイト希望者を募ったところ、実務に近い経験ができるとして好評を得たためだ。

 民間企業も含めた受け入れ先や期間、報酬の有無などを精査し、将来的には市が重点政策に掲げる「若者定住」にもつなげたい考えだ。