文化庁は1日、文化活動で優れた功績を挙げた人に贈る2020年度の文化庁長官表彰を発表し、本県からは不来方高教頭で同校音楽部で30年以上合唱指導に当たる村松玲子さん(62)=盛岡市=が選ばれた。芸術教育の振興への貢献が評価され、生徒と喜びを分かち合う。

 同日も生徒と練習に臨んだ村松さんは「表彰は自分だけの力ではない。今まで卒業した400人以上の生徒、その父母ら多くの人の協力があったから」と謙遜しながら笑顔を浮かべる。

 高校生時代に全国大会で合唱を披露し、いつかあの舞台で指揮をしたいと教師を志した。不来方高に着任したのは1990年。以来同校で合唱を指導し続けている。