奥州市は、2021年度から市内3スキー場を休止する方向で検討に入った。今シーズンは営業するが、施設老朽化で維持管理費が負担になっていることを背景に、近年の少雪やスキー客の減少傾向などを考慮した。今後住民と意見を交わすなどして、年度内をめどに正式決定する。

 3スキー場は指定管理の越路(江刺)と市直営のひめかゆ(胆沢)、国見平(衣川)。今シーズンは3スキー場とも今月26日にオープンする。