プロ野球の守備のベストナインを選ぶ三井ゴールデングラブ賞が18日に発表され、西武の外崎修汰二塁手(富士大)がプロ6年目で初受賞を果たした。

 外崎は「取れればいいな、取りたいなと思っていたので、受賞を聞いて、びっくりした気持ち、うれしい気持ちでいる」と素直に喜んだ。