盛岡地方気象台は、18日夜から内陸を中心に県内で雪が降る所が多くなり、強い冬型の気圧配置となる19日は内陸の山沿いなどで警報級の大雪となる恐れもあるとして警戒を呼び掛けている。

 同気象台によると、19日午後6時までの予想24時間降雪量は内陸の多い所で山沿い50~70センチ、平野部20~40センチ。