2020.12.15

密回避 初詣「分散参拝」を 感染対策で鈴の緒、ひしゃく撤去

鈴の緒が上部でくくられた盛岡八幡宮の拝殿正面。コロナの影響で初詣も新たな様式となりそうだ=盛岡市八幡町
鈴の緒が上部でくくられた盛岡八幡宮の拝殿正面。コロナの影響で初詣も新たな様式となりそうだ=盛岡市八幡町

 「正月三が日にこだわらない参拝を」。多くの人出が予想される初詣を前に、県内の神社や寺院が新型コロナウイルス感染症対策を急いでいる。

 密回避へ分散参拝を呼び掛け、不特定多数が触れる鈴の緒や手水(ちょうず)のひしゃくなどを撤去。破魔矢など縁起物も年内に買い求められるよう前倒しして用意する。

 風習さえも変えるコロナ。寺社関係者や住民はかつて経験のない年越しへ、万全の備えを講じながら、安心して暮らせる良き新年を願う。