川徳(川村宗生社長)のかわとく壱番館内丸店(盛岡市内丸)が、来年1月閉店することが14日、関係者への取材で分かった。地元の食品や工芸品を中心に幅広く取りそろえて常連や観光客に親しまれてきたが、インターネット通販の普及などで百貨店業界を取り巻く環境は厳しく、経営資源の集約化を図る。

 関係者によると、来年1月17日で営業を終える。入居先の県水産会館を管理する県漁連によると、後継テナントは現時点で決まっていない。